お見合いの重要性

お見合い…50年位前までは、お見合い結婚の方が多かったと言われる。始まりは江戸時代らしい。

簡単に言うと、

結婚は個人の問題ではなく、家同士の問題でもあったのだ。

また、女性は仕事も少なく、食べて行く為には結婚か妾になるしかなかったのも事実だった。

日本も欧米化が進み、女性にも平等に仕事が与えられ、核家族化政策により、結婚は自由恋愛の果ての結果となる。

村等の集合から離れ、家族から独立し、友人数人と仕事の仲間との中で、自由奔放にやって来たが、ふと気がつくと、適齢期は過ぎ、友人は結婚し、出会いの季節も過ぎてしまった。

これが現代社会日本が生んだ、超高齢化社会の裏側、結婚しない若者たちの現状である。

しかし、これからの事を考えると、少し遅くとも結婚し、生涯を共にするパートナーを見つけ、出来るなら子供を儲けて、自分の老後の心配を無くしたいと思うのが人情だ。

結婚相談所=お見合い斡旋

となるのもまた、必然である。

青い春も、焼け付く夏も、とうに通り過ぎてしまった彼らは、もはや中々恋愛に陥るものではない。感情の気薄か、はたまた、臆病なのかは別として、

今更、容姿だけでもあるまい…と、

色々考えるのであった。

結婚相談所のお見合いは凄い。

日本全国から登録され、

条件を打ち込むと、コンピュータが、まるでアパート探しさながら、

条件にぴったりのお相手を探しだしてくれる。

ただ…お部屋探しと違うのは、

人間には相性というのが付きものだ。

これはコンピュータではどうすることも出来ないのである。

また、自分にぴったりのお相手が、遥か400キロ先に居たとしても、中々お付き合い出来ないのも現実。

そこでホンキートンクは、

長野県にほぼ限定で、加盟しているそれぞれの相談室が、基本は各々のやり方でやってはいるが、ある一定のルールに基づいて、会員プロフィールを共有し、成婚率を高めると言うやり方を取っている、長野県結婚相談事業協同組合に加盟した。

お見合いの1番良いところは、

先にも述べたが、条件で選び会えると言うこと。特に家族のことを考える方には、

パーティーで条件的には合わない【素敵な人】を見つけてしまった場合より以後家族間で揉めることも少ない。

逆に、容姿、仕事など条件的に平均またはそれ以下の方は、

各相談所の腕にかかっているとも言える。(コンピューターならば引っかかり難い、選ばれにくいと言う意味)

ホンキートンクはお見合いを柱に起き、

それに持って行く為に、パーティーや合コン等を会員さんに提案しております。

パーティー参加も、巡り巡ってお見合いに繋がるのです。

7月17日海の日に、組合全体で行う、大規模なパーティーがあります。

詳しくはホームページで!